機械系産学懇談会入会案内

『機械系産学懇談会』への入会のお願い

各位

東北大学大学院工学研究科
機械系産学連携推進室
室長 田中 秀治

『機械系産学懇談会』への入会のお願い

拝啓

 貴社にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素より、私ども機械系の教育研究ならびに学生の就職に格別のご高配を賜っておりますこと、厚く御礼申し上げます。
 さて、産業界と大学の知的、人的交流をより緊密化する事によって我が国の技術開発力を活発化させてようとする動きが、各方面で活発になっております。政府も産学の連携を重視し、その促進のために各種の法整備や予算措置を積極的に進めております。
 上記の状況の中で、私ども機械系は産業界との連携をより緊密化するため、平成13年度産業界と機械系教員とによって構成される『機械系産学懇談会』を設立いたしました。発足以来多数の企業に入会頂いております。
 私ども産学連携推進室では、この期待に応えるべく精一杯の努力をするとともに、来年度はさらにその輪を広げていきたいと考えております。
 つきましては、貴社におかれましても、ぜひこの趣旨をご理解の上、ご入会賜りたく、ご案内申し上げます。

敬具

本学機械系に属するのは、工学研究科に属する機械機能創成専攻、ファインメカニクス工学専攻、ロボティクス専攻、航空宇宙工学専攻、(学部は、機械知能・航空工学科)、先端材料強度科学研究センターの研究室および、技術社会システム、情報科学研究科、環境科学研究科、医工学研究科などの研究室です。

入会申込書

入会申込書のダウンロードは下記をクリックしてください。

MS-WORDファイル(約18KB)

会費の納入方法

会費は、一般財団法人青葉工学振興会を窓口に致します。したがって、産学懇談会の経理も同財団の管理下で行いますので、ご了承下さい。会費の納入方法は以下の通りです。

※平成25年度より、請求書での会費納入のみとなります。

  1. 機械系産学懇談会入会申込書にご記入のうえ、機械系産学連携推進室あてにお送り下さい。
  2. 折り返し、財団より請求書をお送り致しますので、ご入金下さい。

お問い合わせ・連絡先

機械系産学連携推進室(産学懇談会について)

〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-01
TEL:022-795-7034 FAX:022-795-7002
E-mail:open-mech[at]grp.tohoku.ac.jp ([at]→@に置き換えてください)
担当:林田 静子(9:00~16:00)

(財)青葉工学振興会(会費について)

〒980-8589 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-04
TEL:022-795-7991
事務局次長 田屋
担当:目黒